オリンピック陸上男子100mで、山県、ケンブリッジ飛鳥が準決勝進出!勝因はなんだったのか?

こんにちは!とっしゅです!

いつもぼくのブログや動画をご覧頂き本当にありがとうございます!

さて、今回はオリンピック陸上男子100mで、山県亮太選手、ケンブリッジ飛鳥選手が準決勝進出したと言うことで、その勝因について書いて行きます。

山県選手の場合

ダウンロード (5)

山県選手は、いつもスタートがうまく中盤まではいい流れで行くのですが、後半まで粘れる体力がなかったです。
しかし、今回のオリンピックに向けて体力強化を行い100mを走れる体力になってきたみたいです。

その結果が、今回の予選でモロに生きた形になりましたね。
中盤まで、トップで走り後半に粘り予選を2位でゴール。
記録は10.20でした。

コンディションとしては、山県選手が走った試合の時は向かい風も強くてかなり走りにくいコンディションだったのに、このタイムなんでかなり準決勝以降もかなり期待できますね。

ケンブリッジ飛鳥の場合

ダウンロード (4)

ケンブリッジ飛鳥選手強かったですね!
この間の日本選手権でも山県選手にも桐生選手にも勝って、ケンブリッジ飛鳥選手はかなりの成長株って感じですね。

事実今回のオリンピックでも強い人のいるブロックだったのに、10.13と自己ベストにあと0.03と迫る快速で2位を獲得しました!

ケンブリッジ飛鳥選手の特長は、大きいストライドと後半の加速ですね。スタートはそんなに早くないけど、大きいストライドでどんどん追い抜いて行くってスタイルですね!
日本人離れしたケンブリッジ飛鳥選手だからこその走りでしたね!準決勝以降も一番期待してます。

桐生選手の場合

ダウンロード (6)

桐生選手は、ウサインボルトと同じブロックでしたね。
桐生選手は、高校時代からかなり期待されてる選手なんですが、今回の試合では、早く走ろうとして太ももが前じゃなく上に行ってしまい加速しきれなかったのが敗因でした。

桐生選手もかなり期待してたので、残念です。

準決勝の展望

ダウンロード (3)

山県選手は、ウサインボルトと同組
ケンブリッジ飛鳥選手は、ジャスティン・ガトリン選手と同組です。

ウサインボルトは、言わずと知れた世界チャンピオン。
ジャスティン・ガトリンは、2004年のアテネ五輪の金メダリスト。ドーピングで4年ほど出場停止を食らってましたが、まだまだウサインボルトの対抗1番手と言う位置付けでかなり強いです。

僕の中ではケンブリッジ飛鳥選手は決勝に進めるんじゃないかと思ってます!

そんなケンブリッジ飛鳥選手の隠された努力

そんな、今は順調なケンブリッジ飛鳥選手ですが、若い時からスター街道と言うわけではなかったのです。
.
.
.
.
遡ること大学時代。

全然有名な選手でなかったケンブリッジ飛鳥選手は、ウサインボルトが所属するレーサーズトラッククラブに短期留学。

驚いたことは、向こうの選手と自分の体格ご違うこと。
走ることより、まず身体を作れ!と徹底的に肉体改造。
体重は、5kg増量。
体脂肪は、6%から4.4%に絞りました。

夢を叶えること

僕も男だからすごくわかるんですが、夢を叶えるためならどんな苦労でも耐えられるんですよね。
追っている夢は違いますが、男としてその気持ちはすごくわかるんです。

きっと、体重を5kgも増やして体脂肪率を4.4%にするなんて、むちゃくちゃたいへんだったと思う。
でも、誰よりも早く走りたい。

その気持ちが、今のケンブリッジ飛鳥選手を作っているんだと思います。
きっと、結果が出ない時は、自分には才能なんてないんじゃないの?とか
周りの選手との差を感じて絶望しかけた時もあると思います…。

でも、ケンブリッジ飛鳥選手は続けたから。
夢を諦めなかったから。

だから、こんなにオリンピックでも活躍出来てるんですよね。

僕の夢

そんな、ケンブリッジ飛鳥選手に比べたらちっぽけだけど、僕の夢は

・会社に縛られず、自由に生きること。
・お金をたくさん稼いで何をするにもお金を気にしなくても良いこと。
・好きな時に子供と奥さんと好きな所に行けること。

これが僕の夢です。
僕は、ネットビジネスに出会う事でこの夢を叶える事が出来ました。
もちろん、周りにそんなの詐欺だよって言われたこともそんな事やっても絶対稼げないよって言われた事も、とっしゅじゃ無理でしょって言われた事もあります。

でも僕はケンブリッジ選手のように自分の夢を諦めなかったから今の僕があるんですよね。

そんな僕の生き方に共感してくれる方はメルマガ登録よろしくお願いします。

なんの才能がなかった僕に出来たんだからあなたにもできます!
それでは、最後まで見て頂きありがとうございました。