【せどり】ハードオフで中古家電を仕入れ!見るべきポイントも解説!

こんにちは、とっしゅです。
いつも僕のブログや動画をご覧いただき本当にありがとうございます。
さて、今回はハードオフに仕入れに行ってきましたので、解説していきます。
まずは、動画をみてください。3分で終わります。

ここからは、記事で解説していきます。
今回は、僕は僕の師匠に会うためと遊びに京都、大阪に行ってきました。

ハードオフとは?

ハードオフは主に家電類を扱っている
リサイクルショップになります。

中古のリサイクルショップの中では
ブックオフやオフハウスなどと並び有名なところですね。

仕入れもしやすくせどりにはかなり向いている店舗になります。

ハードオフグループの店舗数は全国で800以上になっているようです。

どのような内訳か見てみましょう!

ハードオフが313店舗
オフハウスが285店舗
モードオフが28店舗
ガレージオフが15店舗
ホビーオフが103店舗
liquorオフが3店舗
ブックオフ(フランチャイズ加盟)53店舗

となっています。

liquorオフが3店舗って聞いたことなかったです。

ちなみにブックオフはもっとたくさんの店舗がありますが
フランチャイズになっていないところがほとんどです。

どうもブックオフとハードオフは
あまり仲がよくないなんて話も聞いたことがあります。

よかったらブックオフやオフハウスの見方も解説していますので見ていってください。

→ブックオフの見方

→オフハウスの見方

→ホビーオフの見方

→セカンドストリートの見方

→トレジャーファクトリーの見方

それではないように入っていきましょう!

京都のハードオフにて

そのついでに夕方から3時間ほどハードオフで仕入れをしてきました。
結果は動画でもだしてるんですが、写真でも下に貼っておきます。

image image image

 

こんな感じです。

仕入れ値だけでも238000円。
利益で言ったら250000万くらいは行ってます。
そして、3か月以内に8割は売れていきます。

これは、他にもせどりをしている人もいました。
その方達もなんでこの人こんなに抜けるのみたいな感じでみてました笑

これは、モノレートだけを見てせどりをしている人なら絶対に仕入れができない商品です。
こんな商品がまだまだたくさんあります。
正直この知識が付けばあなたは、一生せどりで食べて行けると思います。

ハードオフの見るべきポイント

ハードオフは

・ショーケースの中
・赤札
・10日返金の札
・ジャンクコーナー
・DVD、ゲームソフト
・割引商品

と全てが仕入れ対象になってきます。

一つ一つ解説していきます。

ハードオフのショーケースの中

ショーケースの中の商品はお店の中でも貴重品の確率が高いです。

このような商品ですね。

よくショーケースには

・カメラ類
・携帯類
・電子辞書
・マイク

などお店側が注目されたい商品をショーケースに入れてあります。

なのでその分ネットでも価値があり利益が取れるという商品が多いです。

ショーケースの中は必ず見るようにしてください。

ハードオフの赤札

ハードオフの赤札はこのような感じですね。

この札の商品は、
動作確認はお店側で済ませてくれています。

さらにこの紙を見ていると

・付属品があるか?
・傷があるか?
・保証の期間

なんてことも書かれています。

これを見るだけで仕入れが出来てしまいます。

あとはモノレートとしっかり確認するだけです。

赤札の商品は仕入れがしやすいものが多いですね。

やっぱりどこのお店もそうですが、

基本的にはネットの最安値に合わせているんですよね。

なので付属品とかをしっかりチェックして付属品が同じ価格帯にあわせて出品します。

ハードオフの赤札で仕入れしやすいジャンル

赤札で特に仕入れしやすいジャンルは

・プリンター
・オーディオ
・季節家電
・ルーター

などです。

主に大きいものが仕入れしやすい傾向にありますね。

大きい商品だと持って帰るのが大変ですがその分利益が大きいものが多いので是非扱っていって欲しいですね。

箱がなくてももちろんいけます。

箱のない商品の取り扱い方についてはこちらに書いていますので参照ください。

→箱なし商品の取り扱い

中古品に関してはあとは付属品のあるなしでだいぶ相場が変わってきます。

しっかりと付属品があるかどうかも見るようにしましょう!

付属品が揃っているなら同じ状態の中古の人と見比べるという感じですね。

 

ハードオフの10日返金の札

10日返金の札はこのような感じ。

この商品も動作確認はしてくれています。

そして10日間の返金保障も付けてくれています。

ちなみにこちらの商品はDS liteです。

モノレートも見てみましょう。

中古の一番安い商品が1040円なのでこの時点では仕入れ対象にならないです。

ただ、中古のゲーム機の最安値は本体のみっていうケースがほとんどです。

タッチペンすらない感じですね。

先ほどの商品の付属品は

・説明書
・本体
・タッチペン
・充電器

でしたね。

それと同じ状態を見てみましょう。

この辺と同じですね。

これもゲーム機の特徴なのですが、

・回転がめちゃめちゃいい
・手数料が安い

ということがあります。

このような差額が1200円くらいしかなくても

700円以上の利益が出てなおかつ利益率も27%を超えているんですね。

ゲーム機本体は美味しいのでやりましょう。

ゲーム機本体は他の記事でも見方を公開していますので参照ください。

→ゲーム機の見方

ハードオフのジャンクコーナー

ジャンクコーナーにも美味しい商品はいくつもあります。

例えばCDなんかは未開封でもジャンクコーナーに行っているものも多いで。
それを新品の価格帯で見てみると
100円仕入れで1000円売りなんていう商品はザラにあります。

さらに太鼓の達人の太鼓とバチ

こちらが500円で販売されていたりもします。

時期によっては2800円くらいでも売れたりするので見つけたら仕入れておきましょう。

タタコンと似てますが間違わないようにしてください。

裏面を見ればちゃんと商品名書いているのでそこで確認してくださいね。

ちなみに太鼓の達人はジャンクコーナーにあったとしても壊れていないです。

これは大丈夫です。

壊れたところを見たことがないんで。
転売歴2年近い僕が言うんだから間違いないです。

あとはインクの未使用品

これもジャンクコーナーによくあります。

500円仕入れで5000円近くで売れたりもするので是非チェックしてくださいね。

ただし、インクは使用期限には注意してください。

使用期限が切れているからジャンクの可能性もありますので。

ただ、ジャンクコーナーにあるものは基本的に保障はつかないので自己責任でおねがします。

ハードオフのDVD、ゲームソフト

DVDやゲームソフトももちろんいけます。

ただDVDやゲームソフトは
ブックオフと比べると少し高いイメージがあります。

ただし、
ブックオフほど値段の管理が仕切れていないのでたまに『こんなものがこんな値段で!!』
なんてケースもあったりします。

僕の中では値段を覚えるにはまずブックオフに通うことが最短だと思っています。
ブックオフで値段を覚えてからハードオフのゲームコーナーに来ると

お、これブックオフよりも安いなぁ!なんていう目線で見ることもできます。

なのでまずはブックオフのゲームソフトをみましょう。

→ブックオフの見方

見方としては先ほどの家電と同じで状態合わせが基本になります。
ゲームやdvdなどの最安値はソフトのみになっています。

ただ店頭側はそこに値段を合わせているので、
説明書や箱があるものの正しい値段に合わせれば利益が取れます。

ハードオフの割引商品

ハードオフにも割引されている商品はあります。

これは50%オフなのでかなり美味しいですね。

こちらの商品は6000円代でも売れそうなのでかなり美味しい商品になりますね。

ハードオフには時々このような割引の値札もあるので注意して見るようにしましょう!

ハードオフのセールやポイントカードなど

ハードオフにはポイントカードなどはありません。

割引券も特にありません。

セールはゴールデンウィークやお正月などにあったりします。

このような感じですね。

このように店内全品20%オフなどあるとかなり仕入れがしやすくなりますね。

初心者のうちはこういうセール時期を狙って仕入れにいくといいです。

ハードオフで値引き交渉は?

ハードオフは値引き交渉は可能です。

僕もよくハードオフでは値引き交渉をさせていただきます。

これとこれを買うのでちょっと安くしてもらえませんか?
みたいな感じですね。

それで1000円でも安くなったらお得ですからね。

ぜひやってみましょう!

ハードオフの配送サービス

ハードオフの配送サービスは特にないです。

ただ、軽トラを貸してくれたりする店舗はあったりしますので
車を持っていない方は活用してみるといいでしょう!

軽トラがあるだけでも普段は購入できない大型商品も購入することができますからね!

モノレートだけを見てせどりをするリスク

たしかに、モノレートだけを見てせどりをする事ってすごくわかりやすいし単純ですよね。
言い換えれば、それは他の人も簡単に稼げるようになるという事です。

ただ、モノレートは素晴らしいですよ。笑

つまりあなたが今後もモノレートだけを見たせどりを続けるなら、今後はますます

・お店の値段付けがAmazonに合わされたら仕入れが出来ない。
・モノレートを見てせどりをするライバルが増えて仕入れが出来ない。

と言うリスクが出てきてしまいます。

僕の仕入れはモノレートのみに頼るという仕入れではないんですね。

それを少し解説します。

相場観

これも仕入れをする上では大事になってきます。

この商品の適正な値段ですね。
適正な値段さえわかっていればたとえモノレートが動いていなくても仕入れすることは可能です。

例えば、この商品ですね。

 

例えばこの1回モノレートが振れているとこは僕が出品をして売れた商品です。

この商品モノレートしか見ていないせどらーさんだと仕入れをしないですよね?

僕は自信を持って仕入れしましたよ。

仕入れ値が2980円

まず僕はこの2980円でこのキーボードは単純にかなり安いと思いますね。

参考価格。27000円
これが定価ですね。

定価27000円に対して2980円は安いですよね。

これがまず相場観です。

カシオという有名メーカー

これも大事なポイントです。

例えばカシオのキーボードなら発売当初はそれなりの流通があったと想像することができます。

その商品を使っていた人がその商品が壊れてしまった。

どうしますか?

・お店に探しに行く
・ネットで検索する
・修理をする

という選択肢がありますね。

この商品は2009年モデルです。

すでにこの商品の新品はどこのお店に行ってもないでしょう。
そして、中古店を探して同じ商品を見つけるのも運次第。

だったら

ネットで検索した方が早いですよね。

そして、ネットで検索するとしたら普通

すぐにアマゾンを開かずにグーグルで商品名を検索するでしょう。

グーグルで検索すると一番上に出てくるのはこの

Amazonに在庫があったらAmazonの商品なんですね。

だからもし探している人がいたら、
ここのAmazonの商品ページから購入する確率がいちばん高いんですね。

しかも当時27000円で購入した商品が6000円程度で売っていたら安い!と思うはずです。

だから僕が出品したらすぐに売れたんですね。

ここまでストーリーを立てて仕入れができるようになったらかなり強いかと思います。

実際に仕入れた商品

カーナビ

こちらは50%オフで仕入れ値が1350円

モノレートを見てみると

ソニーのカーナビが1350円ならどうあがいても利益は出ますね。

プリンター

こちらは10000円こえで売れていきます。

モノレートはこちら

いい感じですね。

こちらもいい感じの安さです。

こういう季節ものの家電は時期を合わせて仕入れていきましょう!

例えば、除湿機なら5〜6月が一番売れます。

なので3〜4月に仕入れておくといいです。

まとめ

はい、今回は

【せどり】ハードオフで中古家電をがっつり仕入れて来ました!必見です!

というテーマでお話ししました。

しっかりと理解することはできたでしょうか?

もしよろしかったら僕のメルマガに登録もされてください。

あなたの役に立つようなノウハウであったり初心者の方でも
始められるような最初のステップまで事細かく書いてあります。

→メルマガ登録はこちら

僕のメルマガを読むことにより、

・自分で稼ぐ力というのが身につく。
・老後に対する不安が消えていく
・自分が稼ぎたい時に稼げるようになる。
・会社に支配される必要がなくなる。

という生活を手にしていくことも可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)