FBAの送り先はなぜ固定した方がいいのか?

こんにちは、とっしゅです。
いつも僕のブログや動画を、ご覧いただき本当にありがとうございます。
さて今回は、FBAの送り先はなぜ固定した方がいいのか?と言うテーマでお話ししていきます。

まずは、動画にしましたので見てください。3分でみれます。

ここからは、記事で解説していきます。

送り先を固定しないと送料が高くつく。

僕もこれは一度経験があるのですが、新しいAmazonのアカウントを作った際、納品先の固定をするのを忘れて秋田からまさかの九州の鳥栖に送る羽目に(笑)。
とても家に持って帰れる商品量じゃなかったため、
しょうがなくそのまま鳥栖に納品する事にしました。
請求額を見てビックリしたのですが、送料で25000円位掛かりました、、、

これは、キツかったですね。
正直いつもの僕のイメージですとその半分の額の送料で済むと思っていたので、かなり精神的なダメージを受けました、、、

こんな事になる恐れがありますので、納品先の固定は必ずやりましょうね。

納品先の固定方法

ここから納品先の固定の方法について解説していきます。

いま現在小型商品、大型商品の納品先は、
下の写真の通りです。

 

5

納品先を選ぶ基準としましては、基本的には自分の家から近い所を納品先にするのがいいと思います。
納品先を遠い所にすればするほど送料が高く付きますのでお気をつけください。

ただ写真を見て頂ければ分かりますが、現在鳥栖だけは、大型商品、小型商品共に預かってくれます。
なので、九州の方に関しては両方とも鳥栖にしてください。
これは、間違いなく九州の方は鳥栖がお得です。
大型商品、小型商品を一気にヤマト便というのを使って配送するのをオススメします。

ヤマト便は、ヤマト運輸でやっているシステムです。
ヤマト便は、例えば10箱同時に送る場合、10箱分のトータルの重さ、トータルの大きさで送料が決まって来ますので、多く送れば送るほどお得になります。
特に契約とかは必要なくヤマト便は使えますので、ぜひ使ってください。

それでは、どうやって登録するのか見ていきましょう。

まずセラーセントラルを開いていただきます。

そして、セラーセントラルのページの下の方に持って行くと、こんな画面があります。

image

 

 

この画面のサポートを受けるをクリックします。
そうすると下の写真のような画面なります。

 

 

image

この画面から、出品、商品情報、アップロード、と書いてある画面をクリックします。
するとまた選択肢がでますので
上記以外の出品に関する問題をクリックして、電話でもメールでもいいので、納品先の固定をやりましょう。

まとめ

ただ、この納品先の固定をやってもすぐに変更になる訳ではありません。
遅い時は10日位掛かったりするそうです。

なので、できるだけ早くやってしまいましょう。

人生を変えるのはいま!
僕と一緒に一歩を踏み出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)