梶勇樹のBene Share(ベネシェア)は本当に安全!?詐欺?評価レビュー

こんにちは。今回はこのような案件を見つけたので紹介したいと思います。

6日後には最低200万円の受け取りができるというBebe Shareというもので、コミュニティ参加費や月額会員費は0円というものです。200万円をこのような短期間でもらえるなら嬉しいですが、なんか怪しいですよね。うまい話には裏があるとよく言いますから。そこで今回は、このBene Shareの安全性を徹底的に検証していこうと思います。

【特定商取引法に基づく表記について】

ではまず、Bene Shareの運営元から確認していこましょう。

特定商取引法に基づく表記を見てみると、Bene Shareの提供元は「EVE MARKETING PTE.LTD」というところで、記載されている住所はシンガポールになっています。世界的に有名なマーライオンやマリーナベイサンズなどがある場所の目と鼻の先あたりの住所で、記載されている場所は実在しているようです。

しかし、いくら海外に拠点があるとはいえ、日本で販売をするにあたっては特定商取引法が適用されるので、メールアドレスや電話番号などが記載されていないのははまずいです。

少し気になったので、運営元のEVE MARKETING PTE.LTDについてネットで調べてみました。しかし、会社のホームページらしきものは見当たらず、どうやらこのような会社は存在していないのかもしれませんね。しかし、これだけでは不十分なので、他の点も確認していきましょう。

【梶勇樹とはどのような人物か?】

ホームページ時に記載されていた梶勇樹は、大学付属病院に勤務するも投資家に転身し、株式や為替などのありとあらゆる投資やネットビジネスを網羅した人物だそうです。また、2015年には完全招待コンサルティングサロン「Bene Share」を発足させ、2019年には最も優良なサロンとして国内外問わず急速にその知名度を上げているとまで書いてあります。

そこまで有名な人物であるなら、ウェブニュースなどで取り上げられるはずですから、ネットで検索してみることにしました。しかし、梶勇樹やBene Shareのニュースなどはなく、むしろ詐欺や騙されたという記事ばかりで、ホームページに記載されている内容が本当かどうか怪しいレベルです。どれだけ探しても検索にヒットしないということは、書かれている内容は嘘なのかもしれませんね。

【Bene Shareとはどのようなものか?】

Bene Shareはコミュニティで、そこから配信される情報があれば作業・努力・知識がなくても確実に利益を生み出すことができるそうです。また、メンバー全員が利益を出しているとも書かれていて、中には年間1億円以上稼ぎ出す人もいるそうです。

しかし、情報を得るだけで本当にこのように稼ぎ出すことができるでしょうか。情報というのは時間が経てばすぐに広まり、その情報の価値や影響力は下がっていきます。そのため、過去にどのような情報で稼げたのか、今現在発表しても何の問題もなさそうですよね。でも、このホームページにはそのような過去の具体的な情報などは一切なく、ただ漠然と稼げるとしか書かれていません。怪しいですね。

【Bene Shareは本当に無料で参加できるのか?】

ホームページにはこのようにメールアドレスを入力するところがありますが、おそらく参加は無料でできると思います。しかし、本当に有益な情報を得られるかは別です。この会社は過去にも詐欺まがいの案件があり、今回も検証の結果その可能性が非常に高いです。

ですから、もしメールアドレスを送ったとしてコミュニティに参加できたとしても、高額な商材やセミナーの勧誘に会う可能性があるので、間違っても登録しないようにしてください。

【Bene Shareよりオススメなのはこれ!】

さまざまな検証の結果、梶勇樹が提供しているBene Shareは詐欺の可能性が高く、メールアドレスを送っても時間とお金を無駄にしてしまう可能性が高いです。本当に稼ぎたいのであれば、CAM・PRIVATE・FUNDに投資をするのがおすすめです。CAM・PRIVATE・FUNDは投資を専門にしている投資ファンドで、そこにお金を預けるだけで月利15%程度で安定的に運用してくれます。プロなのでお金の運用の仕方を熟知していて、安心感もあります。そちらについては、別記事で詳細を書いていますので、そちらを参照していただきたいと思います。

 

https://line.me/R/ti/p/%40tfh4010b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)