一生使わないお金を運用して資産を増やす方法は?

とっしゅです。

生活をしていく上でお金は必ず必要です。会社からの給料などの収入があれば、税金や食費など支出もあるため、フリーキャッシュフロー(収入から支出を引いたお金)というのはそこまで多くないという方も中にはいるはずです。そこで、もっと使えるお金を増やしたいと言う人におすすめな考え方が「一生使わないお金」と言う考え方で、今回は「一生使わないお金とは何か」や「有効活用できる方法」などを紹介していきます。

【一生使わないお金とは何か?】

 

一生使わないお金とは「お金を生み出すお金」のことで、投資などに使うための元金のことです。

わかりやすく言うと、一生使わないお金は果実がなる木の苗木みたいなものです。苗木は一度木に植えるとすくすく育ち、時間が経てば果実を実らせそれを収穫できるようになり、また来年には同じ木から果実を収穫することができますよね。苗木は一度植えてしまえば一生使うことはありませんが、そこから多くの利益を継続して自分にもたしてくれます。

一生使わないお金もそれと同じで、一度そのお金を投資に使えばそこから多くの利益が生まれ、半永久的にお金を稼ぎ出してくれると言うものです。例えばFXなどで投資をする場合は、100万円を元手にしてお金を増やしていくと思いますが、この元金は基本的に放置なので一生使わないお金です。

【フリーキャッシュフローの何割程度を使えば良い?】

フリーキャッシュフローの全てを一生使わないお金に使えるのがベストですが、買いたいものや飲み会などもあるため全てそれにあてるのは厳しいですよね。ですから、基本的にはフリーキャッシュフローの5割程度を一生使わないお金をに使用するとすると良いです。例えば収入が30万円で支出が26万円の場合、フリーキャッシュフローは4万円ですよね。その4万円の5割ですから、2万円を一生使わないお金に回せば良いわけです。

【フリーキャッシュフローは投資で増やそう】

 

そのフリーキャッシュフローを、何か投資などに回して増やしていく必要があります。ただの貯金では増え方も遅いし大きな買い物があればすぐに無くなります。

だからといって、月利30〜50%という案件に関しては資産を失ってしまうリスクも多くあります。

それではせっかく貯めたのに意味がないですよね。

だからこそ、安定的な長期投資の案件がおススメです。

僕がおススメする長期投資は月利15%前後での安定運用が可能です。

しかも複利で回していくことができます。

 

イメージとして、100万円を月利15%での運用の場合を見ていきます。

 

1カ月目→100万→115万円

2カ月目→115万円→132万円

3カ月目→132万円→151万円

4カ月目→151万円→174万円

5カ月目→174万円→200万円

6カ月目→200万円→230万円

7カ月目→230万円→264万円

8カ月目→264万円→303万円

9カ月目→303万円→348万円

10カ月目→348万円→400万円

11カ月目→400万円→460万円

12カ月目→460万円→529万円

 

と、月利15%の安定運用するだけでもこれだけ増やすことができます。

こちらを2年3年と続けていくだけでとんでもないような金額になります。

 

 

【投資するにはどこがおすすめ?】

 

ただ、こういった投資案件に出会えないのが現状かと思います。

この月利15%を安定的に運用するファンドがあります。

そちらについては、別記事で詳細を書いてますので、そちらを参照いただきたいと思います。

 

→月利15%増やす投資ファンドの詳細

 

この使わないお金を作ることであなたの人生を変えていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)