副業をしている場合、納税はいくら稼いだらしなくてはならないのか?

こんにちわ、とっしゅです。今回は副業している場合の納税について書いていきたいと思います。副業している場合は、納税はいくら稼いだらしなくてはならないのか?をわかりやすく解説した動画作りましたのでぜひ見てください。

理解することは、できましたか?

副業でいくら稼いだら納税しなくてはならないか?

基本的に納税は、利益で20万円以上でしなくては、ならないです。
ただ、利益からコンサルティング代とか経費とか、税理士さんを雇ってた場合税理士代も全て利益から引くことができます。

つまり税金対策をしないとせっかく自分が頑張って稼いだお金が税金として持っていかれてしまうわけです。
ただ、そうは言ってもどうやって税金対策をしていいのかわからない。
という方のためにまとめていきます。

税金対策は何にお金を使えばいい?

僕がおススメするものとしては、

・税理士を雇う
・コンサルティングや商材など自分の知識を増やすものにお金を使う。
・経費で落とせるものは経費で落とす。

ということです。

税理士を雇う

ぼくは税理士さんは月2万円でお願いしています。

というのも、売上とかが下がった場合、他者から『売上が下がったから頑張ってください』とか現実を突きつけられるとやるしかなくなるんです。

人はすぐに怠けたくなるので、危機感を持たせてもらえるってだけでも全然税理士代は悪くない投資だとぼくは思います。

コンサルティングや商材などに使う

コンサルティング代も経費で落ちます。
コンサルティングは、受けるとホントに知識はつきますし仲間もできます。
また、仲間からいい意味でのライバル関係になってやる気ももらえたりしますしいいことしかありません。

お金もただ貯めているだけでは自分の安心くらいにしかなりませんよね。
それを自分の知識が増えるコンサルティングに使うのはまさに死んでるお金を生きて活性化させるために使っているようなものですよね。

これからの時代はお金を持っているよりも自分自身を価値のある人間にしていくことが最強になっていきます。
例え、貯金がなくても稼ぐためのノウハウを持っていたらまたすぐにお金を稼ぐことはできますからね。

コンサルティングこそホントに必要な投資です。

僕もこれから先もコンサル生を持ちながらもコンサルを積極的に受けてコンサル生に還元していければと考えてます。

経費で使う

僕は友人や家族と食事に行ったりするお金も経費にしています。
そして僕はよくカフェで作業をするのですがカフェ代も経費にしています。

こんな感じに経費で落とせるものはなるべく経費で落としてしまいましょう。

あとせどりをやっていると

交通費、ガソリン代、高速代も経費で落ちますのでしっかりレシートは取っておきましょうね。

まとめ

正直年間利益で20万円なんてすぐに達成してしまいます。
ただいくら稼いでも大量に税金に持っていかれたらほんとに何のために副業をやっているのかわからないですよね。
自分の身は自分で守らないといけないです。

今日お話しした知識をしっかりいかしていってください。

それでは、最後までみていただきありがとうございました。

→メルマガ登録はこちら

人生を変えるのは今!

僕と一緒に一歩を踏み出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)