オンラインカジノの税金について。課税対象と確定申告を徹底解説

こんにちは、とっしゅです。

 

今日はオンラインカジノの税金について話していきたいと思います。

 

僕が販売しているツールを使うことで

毎月10〜20万円は得られるのでそれだけ稼いでしまうと

税金についても気にしないといけません。

 

今日は税金についての解説になりますので今回の記事を読むことで

オンラインカジノの税金について詳しく知ることができます。

 

それでは早速内容に入っていきましょう。

 

 

オンラインカジノに税金はかかるのか?

 

オンラインカジノには税金はかかります。

ギャンブルで稼いだお金は

一時所得』と見なされ課税対象になります。

 

 

一時所得に分類されるものを観ていきましょう。

 

 

 

 

オンラインカジノは

1番の懸賞やふくびきの懸賞金、競馬や競輪の払い戻し金

に当たります。

 

ただ、ここで疑問なのが

競馬や競輪やパチンコで勝っても税金なんて納めたことなんてないということです。

 

 

なぜオンラインカジノだけに税金がかかるのか?

 

それはお金の受け取り方によります。

 

 

 

パチンコや競馬などは勝ったらその場で現金を受取ます。

そもそも証拠も残らないので税務署側もそこまでは把握しきれないので

これまで問題になることはありませんでした。

 

多分これからもパチンコなどは大丈夫でしょう。

 

 

 

それに対してオンラインカジノの場合は

銀行を通らさないと出金できません。

 

入出金はアイウォレットを使ったりしないとできないので

銀行を通すということはそのデータは残ってしまいます。

 

データが残るということは、

あとで観られたときに言い逃れができないので

しっかりと収めましょう。

 

一時所得はいくら稼いだら申告の必要がある?

 

それではこの一時所得はいくら稼いだら申告する必要があるのでしょうか?

 

50万円以上稼いだら申告する必要があります。

 

つまり、

50万円以下なら申告の必要はないということ。

 

 

一時所得の税金の計算方法は以下の通り。

 

 

仮に

月に10万円稼いで年間120万稼いだ場合

 

120万円-特別控除額50万円

70万円に対して一時所得の税金がかかってきます。

 

それに対して毎月3万円の利益を1年続けて

年間36万円の利益なら申告の必要がないということ。

 

 

一時所得の税率

 

 

一時所得の税率は

所得が195万円までなら5%

195万円以上330万円までが10%

330~695万円では20%などとなっています。

 

所得税の最高税率は45%です。

確定申告に必要な書類

 

確定申告には

 

・源泉徴収票

・支払い調整(年末年始にオンラインカジノ側から受け取る)

・経費の領収書(所得が300万以下の場合は不要)

 

が必要となります。

 

支払い調整に関しては

自分でオンラインカジノに問い合わせて受け取るか

自身で収支明細をプリントアウトする、

自分でつけた帳簿などでも大丈夫な場合があります。

 

書類を用意した後は、普通に確定申告を行うだけです。

わからないことがあっても税務署の方に直接聞けば

確実にできますので、安心してください。

 

オンラインカジノの初心者が見るべき記事

 

あなたがこれから

オンラインカジノを始めて見ようと思っているなら

まずはこちらの記事をご確認ください。

 

→オンラインカジノ初心者のためのまとめ

 

こちらを見ることで

オンラインカジノの始め方から注意スべき点

そして、法律的に大丈夫か?

などすべてを網羅的に書いております。

 

参考になると思うのでぜひ読んでみてください。

 

 

ご質問などありましたら僕の個人ラインにご登録いただくと回答いたします。

→とっしゅ個人ライン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)