バイナリーオプションの優位性のある具体的な場面

こんにちは、バイナリーオプションの優位性のある具体的な場面について解説していきたいと思います。

優位性のある場面を覚えておくことで、その時間に掛けることでプラスになる可能性が増えます。

つまり、稼げる可能性が広がるということですね。

 

では早速優位性のある具体的な場面についてみていきましょう。

 

バイナリーオプションの優位性のある具体的な場面

 

月曜日の朝一窓開けスタート

月曜日の早朝に取引がスタートしますが

その際に金曜日の終値から

月曜日の始値が開いている状態のことです。

 

この状態の際には、

金曜日の終値に一旦向かっていくるという法則があります。

これを利用することで期待値のあるエントリーを行うことも可能です。

 

マーケットオープン・クローズの時間

 

 

マーケットは

「東京→ロンドン→ニューヨーク→東京」

という流れを繰り返していきます。

 

お金が動く規模としては

ロンドン40%→ニューヨーク20%→東京5%の順番です。

 

ちなみに通貨取引量は

ユードドルが1位、ドル円が2位となっています。

 

なので、ロンドンのマーケットが開く時間や

ニューヨークのマーケットが開く時間は一気に参加者が増えて、

トレンド形成がされることが多いです。

 

東京の時間帯はそこまでトレンドが発生しないのは

単純に動かすお金が2つのマーケットがよりも少ないからです。

 

ロンドンやニューヨークのクローズ時間に近づくにつれ、

トレンドが発生していた場合は終了が近づきますし、

バイナリーでいえば逆張りがききやすいポイントにもなってきます。

 

その特徴を生かしてエントリーすることで

エッジの聞いたエントリーができるはずです。

 

こういった自分独自の

『勝ちパターン』を見につけておくことで

どんどん収益を上げることができます。

 

ぜひ自分なりの勝ちパターンを構築しましょう!

 

ラインにご登録いただくことで

バイナリーの有益情報も発信しているのでぜひご登録ください!

→とっしゅのライン