バイナリーオプションのバンドウォークを見極める方法

こんにちは、とっしゅです。

本日はバイナリーオプションのバンドウォークを見極める方法を解説していきたいと思います。

バンドウォークとは

『そもそもバンドウォークとはなんなのか?』というところから解説していきます。

バンドウォークとは

上の図の赤で囲った部分をご覧ください。

ろうそく足が名前の通りボリンジャーバンドの上を歩いているようですね。

こちらをバンドウォークといいます。

なぜバンドウォークを見極める必要があるのか?

ではなぜバンドウォークを見極めなければならないかというと

たとえば逆張りだったりする手法を使うときに

バンドウォークが発生しているとその手法が使いにくい

逆張りしているのに上に行ってしまったら資金を溶かしてしまう原因にもなります。

 

だからこそバンドウォークはしっかりと見極める必要があります。

そして、

バンドウォークを見分けることで
無駄に逆張りをする必要がない

つまり損をする必要がなくなる

バンドウォークを見分けることができれば自然と勝率も上がっていくでしょう!

 

バンドウォークを見極める3つの方法

では早速見分け方に入っていきます。

このバンドウォークを見極めるには3つの方法があります。

その3つというのが

・スクイーズを見わける
 ・ブレイクを見つける
 ・くびれ

この3点になります。

それではひとつずつ解説します。

スクイーズを見分ける

スクイーズというのは

このピンクで囲った部分です。

英語でスクイーズ
日本語では絞る

という意味で
相場が押しつぶされているような状態で
ロウソク足の値動きが少ない
ボリンジャーバンドも動きが少ない
相場が上にいくか下にいくか悩んでる

このような状態です。

で、

スクイーズが終わったあとに
バンドウォークが発生しやすい。

なので、相場がスクイーズになっているときは

このあとバンドウォークが発生しやすいだろうとよむことができます。

 

つまり逆張りを見送れるわけです。

 

ブレイクを見つける

まずバンドウォークが始まる前の最安値に支持線を引きます。

支持線を突き抜けたとき、

バンドウォークが発生しやすいです。

なので、支持線を引いてそれを下回ってくるような相場になったら

逆張りは避けていく。

それでも無駄な負けを防ぐことができます。

くびれ

 

 

『くびれ』は先程までのような大きなバンドウォークではなく、

上図のように小さなバンドウォークを見つける方法になります。

 

『くびれ』は名前の通りボリンジャーバンドがクッとクビレている部分をいいます。

 

上図の青で囲った部分ですね。

これが『くびれ』になります。

 

このくびれが発生した時に、ボリンジャーバンドが上下に開きやすい。

こうなるとバンドウォークは発生しやすくなります。

たとえをもう一つだすと下の図もくびれからバンドウォークが発生しているのがわかります。

 

まとめ

 

はい、バンドウォークは上の3点に気をつければ未然に防ぐことができます。

逆張りは初心者に非常に向いた手法ですのでこのバンドウォークの部分ですね。

この記事で学んだところだけは抑えていきましょう!

 

そして、

ラインに登録していただくと

・FXの自動売買システムにモニターとして参加できたり

・資金づくりの手法を公開していたりするので

ぜひライン@の方にご登録ください。

→とっしゅのライン