F1セバスチャン・ベッテルのヘルメットのモナコGP特別仕様とは?

こんにちは。

とっしゅです。

いつも僕の記事をご覧いただきまして本当にありがとうございます。

さて今回はF1セバスチャン・ベッテルのヘルメットのモナコGP特別仕様についてお話していきます。

モナコGPはF1を代表する名物レース

ついに、2017年のF1シーズンが開幕!

世界で最もファンが多いといわれている、自動車レースの最高峰であるF1グランプリですが、その中でも特別なレースといえば「モナコGP」です。

インディ500、ル・マン24時間レースと並び「世界3大レース」の1つに数えられ、F1およびモナコのシンボルともいえる名物レースとなっています。

モナコGPが開催されるモンテカルロ市街地コースは、攻略が難しく追い抜きもしにくいコースで、勝利するのは困難といわれています。

さらに、モナコGPはドライバーの腕が試されるコースとしても有名です。

また、道幅が狭くて事故が起きやすく、マシントラブルが多いため、完走する『強運』も必要とされています。

つまり、モナコGPで勝利することは他のサーキットの勝利と別格なもの。

モナコGPで3勝すると『モナコマイスター』の称号が与えられるとあって、ドライバーにとって特別なレースなのです。

引用元:Motorz(http://motorz.jp/car/race/3128/)

2016年のヘルメットは「過去の再生」

F1ドライバーのヘルメットは、ドライバー個人の個性が出せる場所ということもあり、多くのドライバーがヘルメットにこだわりをもっています。

その中でも特にセバスチャン・ベッテルは、毎レースごとにヘルメットのデザインを変えることで有名です。

ドライバーにとって特別なレースとなるモナコGP。

セバスチャン・ベッテルは、例年、モナコGP特別仕様のヘルメットを着用してマスコミの話題となっています。

こちらは2016年のモナコ仕様のヘルメット。

引用元:F1通信(http://blog.livedoor.jp/markzu/f1-news/f1-52019369.html)

このヘルメットをデザインしたJMD(Jens Munser Designs)は、このように説明しています。

明るい色のレザー、つややかなマホガニー、クロームの装飾。これらは戦後間もない頃のフェラーリに使われていた素材だ。セバスチャンが使う今年のモナコ専用デザインは、こうした素材を生き生きとよみがえらせ、プラスチック製のつまらないカーインテリアに慣れた者を過去に連れ戻してくれる。

2014年のヘルメットは「ブロンズ」

こちらは、2014年のモナコGPで着用したヘルメット。

当時レッドブルだったベッテルは、まるでゴールドのような、ブロンズが経年変化したような独特なペイントを施したヘルメットを着用しています。

バイザーに、レッドブルやスポンサーロゴにエンボス加工が施された非常に凝ったペイントです。

引用元:F1-Gate.com(http://f1-gate.com/vettel/f1_23716.html)

このヘルメットをデザインしたJMD(Jens Munser Designs)は、このように説明しています。

青銅(ブロンズ)――再発見

人類史上最古のヘルメットは、紀元前3000年頃に青銅で作られた。青銅はその後、ローマ帝国が終焉を迎える頃までに、頭部を保護する防具の素材としての役目を終えた。だがそれが2014年のモナコ公国で変わる。セバスチャン・ベッテルという人物が古代ローマの戦車レースでこの素材に過去の栄光を取り戻すのだ……。JMDの最新作は、メタリックペイントの非常に薄い膜でコーティングされている。重く見えるが、通常のペイントを使ったほとんどのヘルメットより、重さをクリアする点では容易だった。

ベッテルのヘルメットにかける情熱と作り手のセンスはスゴイと思います!

2013年のヘルメットが最も衝撃的!

ベッテルのモナコGP特別仕様のヘルメットで最も衝撃的といわれているのが、2013年で着用したこちらのヘルメット。

引用元:F1通信(http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51893085.html)

当時レッドブルだったベッテルのヘルメットの後頭部に描かれたセクシーなピンナップ・ガールのイラストにご注目。

実は、加熱するとピンナップ・ガールがほぼヌードになる仕掛けがされています。

イラストの一部は熱活性化塗料で描かれているため、温度が上がると、ピンナップ・レディの黒い水着が消え、彼女のボディと、ふたつの星が現れます(苦笑)。

引用元:F1通信(http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51893085.html)

また、ヘルメットのトップはモナコGPのトリビュートになっていて、過去の偉大なレース場面が描かれています。

引用元:F1通信(http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51893085.html)

いかがでしたか?

ついついマシンに目がいくF1ですが、ベッテルのモナコGP特別仕様ヘルメットには、独特の世界観が描かれていることがわかります。

2017年のヘルメットは一体どんなデザインになるか注目です!