佐藤琢磨の2017年インディの移籍先は?ホンダとの関係は?

こんにちは。

とっしゅです。

いつも僕の記事をご覧いただきまして本当にありがとうございます。

さて今回は佐藤琢磨の2017年インディの移籍先、ホンダとの関係についてお話していきます。

佐藤琢磨とホンダの最初の接点はSRS-F

元F1ドライバーで、近年はインディカー・シリーズで活躍を続ける佐藤琢磨。

佐藤琢磨は、早稲田大学に進学してからモータースポーツの世界に目覚め、ホンダの子会社と鈴鹿サーキットが立ち上げた「鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラ(SRS-F)」を受講し、みるみる才能を開花させて「SRS-F」を首席で卒業します。

2002年に「ジョーダン・ホンダ」からF1世界選手権へのデビューを果たします。

2008年の途中まで、「B・A・R ホンダ」、「スーパーアグリ」でF1を戦い続けた佐藤琢磨は、2004年のアメリカGPで日本人ドライバーとして歴代最高タイとなる3位を獲得します。

佐藤琢磨は、ホンダの子会社のスクールに入学して一気に才能を開花させていたんですね。

F1では、ホンダがエンジンを供給するチームのドライバーとして活躍していたということもあり、佐藤琢磨にとってホンダとの縁は深いものがあるのですね。

引用元:Motorz(http://motorz.jp/car/12960/)

インディカー・シリーズでのホンダとの繋がり

F1の次に佐藤琢磨が飛び込んだ世界は、北米で最高峰のインディカー・シリーズ(INDY)でした。

2010年、「KVレーシング」からインディカー・シリーズに初参戦し、2011年には、第8戦で日本人初のポールポジションを獲得。

2012年、「レイホール・レーシング」に移籍し、第4戦サンパウロで初の3位表彰台を獲得し、第11戦エドモントンの決勝で2位に入賞、自己最高成績(日本人最高位タイ)を更新。

2013年に「AJフォイト・レーシング」へと移籍し、その年の「ロングビーチGP」で初優勝を成し遂げます!

佐藤琢磨は、世界最高峰レースのF1とINDY共に表彰台に上がった唯一の日本人ドライバーなんですよ。

インディカーのエンジンですが、シボレーエンジンを開発するイルモアと、ホンダエンジンを開発するホンダ・パフォーマンス・ディベロップメントの2社が供給しています。

佐藤琢磨が所属しているチームのエンジンはホンダを使用しており、インディカーの世界でもホンダとの繋がりが深いことがわかります。

引用元:motorsport.com(https://jp.motorsport.com/all/photo/main-gallery/honda-racing-hpd-signage-10906192/?a=832724)

INDY2017の移籍先は名門アンドレッティ

佐藤琢磨は、4年間所属していたチーム「AJフォイト」を離れ、2017年シーズンは名門「アンドレッティ・オートスポーツ」に移籍しました!

「アンドレッティ・オートスポーツ」は、2003年にマイケル・アンドレティがチームオーナーとして関与して以降、チームは4度のタイトル、インディ500で4勝を挙げている、名門で強豪と名高いチームです。

ちなみに、「アンドレッティ・オートスポーツ」もエンジンはホンダを使用しています。

佐藤琢磨にとってホンダとは、自身のレーシング人生のきかっけをもたらした企業であり、ドライバー人生において、切っても切れない大切なパートナーであることがわかります。

キャリア晩年を迎え、ビックチームに移籍した佐藤琢磨にとって、2017年はインディカーのキャリアで最大のチャンスのひとつになるかもしれません!

引用元:motorsport.com(https://jp.motorsport.com/all/photo/main-gallery/takuma-sato-andretti-autosport-honda-12057375/?a=882298)