Amazonへの大口出品と小口出品の違いとは?変更方法も解説

こんにちは、とっしゅです。

いつもぼくのブログや動画をご覧いただき本当にありがとうございます。

今回は、Amazonへの大口出品と小口出品の違いとは?

という内容でお話ししていきます

Amazonの出品用アカウントを登録する際に必ず選ばなせればなりません

動画解説もしてますので、見ていってください。

理解することは、できたでしょうか?

大口出品、小口出品のメリットとデメリットを見ていきましょう。

小口出品メリット、デメリット

まず小口出品のメリット、デメリットですが、

・月額登録料がかからない。

・基本成約料が1商品につき100円かかる。(売れたとき。)

・Amazonにすでにカタログがある商品しか出品できない(自分でカタログが作れない

小口出品のメリット

小口出品のメリットは月額登録料がかからないということですね。

メリットとしては本当にこれだけ。

4900円分のリスクがなくなる。
それだけです。

小口出品のデメリット

小口出品のデメリットは数々あります。

例えば、

・基本成約料が1商品売れるたびに100円かかる
・食品、ドラックストアなどの申請の解除ができない
・Amazonにすでにカタログがある商品しか出品できな。
・決済方法の選択肢が少ない。

などがあります。

僕の中ではこの食品、ドラックストアなどの申請の解除ができない。

これが痛いなぁと思いますね。

僕の手法だと食品、ドラックストアなどの無料仕入れなど
初心者が資金がなくても稼いでいく手法があるのに。

それを使えなくなってしまいますので。

食品、ドラックストアの申請解除はこちらから

→申請解除方法

大口出品メリット、デメリット

大口出品のメリットやデメリットにはこのようなものがあります。

・月額登録料が4900円かかる

・オリジナル商品もAmazonにカタログがある商品も出品可能。(自分でカタログが作れる)

・大量の商品もまとめて出品登録が可能

・決済方法が小口出品に比べて豊富。(小口出品だとAmazonギフト券か、クレジットカードでしか決済できないが、大口出品だとコンビニもいけるし、代引きもできる。)購入者にとっても払う方法が多い方が気が楽。

・Amazonカートの取得ができる。(これが一番のメリット)

 

こんな感じですね。

 

大口出品デメリット

まずは大口出品のデメリットから。
大口出品のデメリットは月額が4900円かかる。

これだけです。

大口出品メリット

大口出品のメリットは先ほども言いましたが、
食品、ドラックストアなどの申請が解除できること。

これは大きいです。

特に大きいのがAmazonカートボックスの取得ができること。

これが一番のメリットですね。

Amazonカートボックスとは

カートを取得できると上に写真のように大きく表示されてるのがカートに入っている出品者です。

それ以外の出品者は、新品34中古24のように小さくひとまとめにされてますよね?

正直Amazonカートボックスを取得できれば

安い商品よりもカートボックスを取得している商品から売れていきます。

なので、新品のせどりをする場合は、このカートボックス取得を一番に考えてください。

はい、以上で大口出品と小口出品についての解説おわります。

で、どちらを選ぶのがいいかってことですよね。

ぼくは間違いなく大口出品を選びます。

それにカートボックスの取得は
かなり売上変わってくるので
ぜひぜひ大口出品で始めてみてください。

 

小口出品から大口出品への変更方法

 

一応動画でも解説

小口出品から大口出品への変更方法は簡単にできます。

まずはセラーセントラルのトップページに入っていただきます。

そして、右上に設定の中の出品者アカウント情報とありますのでそこをクリックします。

そうすると色々な個人情報が出てきます。
その中にこのようなところがありますのでここで大口出品に変更したり小口出品に変更したりできます。

最後に

はい、今回は

Amazonへの大口出品と小口出品の違いとは?

というテーマでお話ししました。

しっかりと理解することはできたでしょうか?

もしよろしかったら僕のメルマガに登録もされてください。

あなたの役に立つようなノウハウであったり初心者の方でも
始められるような最初のステップまで事細かく書いてあります。

→メルマガ登録はこちら

僕のメルマガを読むことにより、

・自分で稼ぐ力というのが身につく。
・老後に対する不安が消えていく
・自分が稼ぎたい時に稼げるようになる。
・会社に支配される必要がなくなる。

という生活を手にしていくことも可能になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)