F1ドライバー フェルナンド・アロンソの年収、愛車、彼女は?

こんにちは。

とっしゅです。

いつも僕の記事をご覧いただきまして本当にありがとうございます。

さて今回はF1ドライバー フェルナンド・アロンソの年収、愛車、彼女についてお話していきます。

フェルナンド・アロンソの年収がスゴイ!

F1ドライバーのフェルナンド・アロンソは、スペイン出身で、2005年に当時のF1史上最年少ワールドチャンピオン記録を樹立し、2006年には2連覇を達成しています。

2015年からマクラーレン・ホンダに移籍し、再度ワールドチャンピオンをと意気込んでいましたが、2015年、2016年と下位を争うことが多く、思うような結果が残せていません…。

アメリカの経済誌『Forbes』が発表した2016年度の「世界スポーツ選手長者番付トップ100」によると、24位にフェルナンド・アロンソがランキングしていて、なんと年収3,650万ドル(38億9,382万円)!

※年俸・賞金、CM・スポンサー料の合算

2017年のチームとの年棒は、4000万ドル ※ボーナス込(約45億4100万円)となっています。

引用元:Fomula Web(http://www.formula-web.jp/driver/2011/fer-fernando-alonso.html)

フェルナンド・アロンソの愛車その1

こちらは『フェラーリ FF』。

2012年、第2戦で優勝を果たしランキングトップだったアロンソは、マレーシアGPで優勝した後に、イタリアのマラネロにあるフェラーリ本社を訪問。

そこで、ルカ・ディ・モンテゼーモロ会長と会談し、ジムでトレーニングをしたり、この『フェラーリ FF』をプレゼントされたそうです。

V12エンジンで最高出力は660馬力、4RMというフェラーリ独自の四輪駆動システムを搭載。

ちなみに、アロンソがフェラーリに加入してから贈られた車は、今回の『フェラーリ FF』以外にも『458イタリア』、『マセラティ グランカブリオ』、『アルバルト695 トリビュートフェラーリ』、特別仕様の『ジープ グランドチェロキーSRT8』もあるそうです。

さすが、フェラーリ!こんなスーパーカーをご褒美でプレンゼントするとは太っ腹すぎます。

引用元:Auto blog(http://jp.autoblog.com/2012/03/31/fernando-alonso-gets-a-ferrari-ff-for-winning-the-malaysian-gran/)

フェルナンド・アロンソの愛車その2

こちらは『マセラティ グランカブリオ』。

フェラーリ本社のフィオラノサーキットにおいて、イタリアの高級車メーカー、マセラティからアロンソに贈られたものです。

2ドアクーペの『グラントゥーリズモ』をベースに、ピニンファリーナが設計したソフトトップを装備しています。

4シーターのオープンカーで、後部座席も広々としており、ラグジュアリーを重視するマセラティならではですね!

引用元: Autoblog(http://jp.autoblog.com/2010/03/22/fernando-alonso-gets-himself-a-maserati/)

フェルナンド・アロンソの彼女はVIP好き?

現在、アロンソはフォトモデルのリンダ・モルセッリ(イタリア・ミラノ出身)とお付き合いしているみたいですね。

なんと、このリンダ・モルセッリ、世界最高峰のバイクレースMotoGPで人気も実力もトップクラスのバレンティーノ・ロッシの元彼女というから驚きです。

ロッシにアロンソと、モータースポーツ界のVIPとお付合いできるリンダ・モルセッリのモテっぷりがスゴイ。

そのリンダ・モルセッリが自身のインスタグラムで、アロンソとの2ショットを投稿しています。

世界の名声と地位と富を得て、さらにこんな美女まで…さすがアロンソですね!

引用元:https://www.instagram.com/p/BQsXyJJltNm/?taken-by=lalindaa&hl=ja