F1ドライバー セバスチャン・ベッテルの気になる年収は?愛車は?

こんにちは。

とっしゅです。

いつも僕の記事をご覧いただきまして本当にありがとうございます。

さて今回はF1ドライバー セバスチャン・ベッテルの気になる年収と愛車についてお話していきます。

セバスチャン・ベッテルの年収がスゴイ!

F1ドライバーのセバスチャン・ベッテルは、西ドイツ出身で、史上最年少ワールドチャンピオンおよび史上最年少優勝をはじめ、F1において数々の最年少記録を樹立しています。

2007年当時のF1史上最年少入賞記録。

2008年当時の、F1史上最年少ポールポジション、最年少優勝・最年少表彰台および最年少ポール・トゥ・ウィンを記録。

2010年には、ルイス・ハミルトンの最年少記録を更新し、史上最年少ワールドチャンピオンに輝いています。

幼少期からズバ抜けた実力を持っており、同郷のミハエル・シューマッハの後継者ともいわれています。

アメリカの経済誌『Forbes』が発表した2016年度の「世界スポーツ選手長者番付トップ100」によると、19位にセバスチャン・ベッテルがランキングしていて、なんと4,100万ドル(43億7,388万円)!

※年俸・賞金、CM・スポンサー料の合算

2017年のチームとの年棒は推定で、5000万ドル+ボーナス(約56億7700円)で、全ドライバーでトップとなっています。

引用元:https://twitter.com/F1/status/844768384319348736

セバスチャン・ベッテルの愛車その1

世界最高峰のモータースポーツのF1。

F1ドライバーは、プライベートでも車へのこだわりが相当ありそうですよね!

こちらは、日産の海外向け高級車ブランドである『インフィニティ FX ベッテルエディション』。

2011年3月のジュネーブモーターショーで、日産のプレミアムブランドであるインフィニティとレッドブルがマーケティング&技術協力契約を結んだのをきっかけに、セバスチャン・ベッテルに専用車をプレゼントする企画が持ち上がりました。

ベッテルの意見を100%取り入れて開発されたベッテル・エディションで、限定150台で市販もされているそうです。

2012年当時の販売価格は、100,800ポンド(1,334万円)。

日産から、ベッテルの誕生日にプレゼントされたこの車は、お気に入りの1台だそうですよ。

引用元:AUTOCAR Japan(https://www.autocar.jp/firstdrives/2012/12/11/20573/)

セバスチャン・ベッテルの愛車その2

こちらは、『フィアット500』。

アニメ、ルパン三世の愛車としておなじみの可愛いコンパクトカーです。

60年代のクラシックで赤色、ドアが逆開きのタイプだそうです。

引用元:MOBY(http://car-moby.jp/29674/3)

ベッテルは、プライベートをほとんど公にせず、TwitterやFacebookもしていないことで有名です。

現在、学生時代からの幼なじみのハンナ・プラテルとの間に2人の子供がいますが、結婚はしていないそうです。

可愛い『フィアット500』は、ハンナ・プラテルが運転しているかもしれませんね!

引用元:F1通信(http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51922506.html)

セバスチャン・ベッテルの愛車その3

こちらは、2015年のアブダビGPで撮影された、『フェラーリ F40』。

ベッテルが愛車を「よしよし」と言いながらなでている姿から、相当のお気に入りと思われます。

この車、なんとイタリアを代表するオペラ歌手であるルチアーノ・パヴァロッティの愛車だった『フェラーリ F40』を、ドイツ人コレクターから買ったものだそうです!

引用元:https://twitter.com/f1sokuho/status/670228232973627392

セバスチャン・ベッテルの所有台数はもはや不明!

ベッテルは、その他にも複数台の車を所有しているらしいです。

イタリアのガゼッタ・デロ・スポルト紙に掲載されたベッテルのロングインタビューによると、『フェラーリ430』、『マセラティ』、『ジープ』、ヴィンテージの『フォルクスワーゲン』、1958年製『コルベットC1』、バイクの『BMW R90』を所有しているとのこと。

また、父親には『フェラーリ・カリフォルニア』をプレゼントしていることも明かされています。

その他、『メルセデス・ベンツSL65 AMGブラックシリーズ』、『BMW X5』、『KTMスーパーモタード』等を所有しているとの記事もありました。

プライベートを包み隠すベッテル、ビンテージからスポーツカーまで様々な車を楽しんでいる様子がわかります。

自宅ガレージの中が非常に気になりますね!