FBA納品のサイズ制限について気をつけるべきポイントとは?

こんにちは、とっしゅです。
いつも僕のブログや動画をご覧いただきまして本当にありがとうございます。
今回は、FBA納品のサイズ制限についての書いていきたいと思います。

FBAの納品でサイズを制限がわからなくて着払いで送り返されましたので、サイズについて、おしえてくださいとの、質問をいただきました。
動画にまとめてみました。4分程度で終わりますのでぜひ見て行ってください。

理解することは、できましたか?

FBAのサイズ制限

小型サイズの場合は特に問題ないです。160サイズ以下のダンボールに入れて発送すればいいだけです。

標準大型サイズ

標準大型サイズの場合は、50×60×50サイズまでの段ボールに入れます。

中古は商品自体はプチプチに梱包をして、その後段ボールに入れて発送すれば大丈夫です。

大型だけど2〜3商品が同じダンボールに入るなら入れて大丈夫です。

プリンターなど中古だけど元の箱があるならそれに僕は配送ラベルを貼って送ります。

新品は、もともとの外箱のまま発送します。

よく外箱にプチプチなどを巻きますか?

と質問をされますが、そこは自己判断です。

新品の箱がつぶれたりするのが嫌ならプチプチで巻いた方がいいし、

僕は特に気にしないしお客様からのクレームもないので配送ラベルも新品の商品の箱に直接貼ります。

特に僕は段ボールに入れたりもしないです。

特殊大型サイズ

 

今度は特殊大型サイズのサイズ制限についてです。
特殊大型サイズは、3辺合計が170〜200の間。
1辺の長さが90cm以内40キロ以内に限られます。

例えると、タワー型の扇風機とか。

ホームシアターのスピーカーなどですね。

こんなのですね。
このタワー型のやつの一番長いところが90cmより大きい場合は着払いで戻されますので気をつけてください。

納品作業についてはこちらの記事を参照ください。

→FBA納品プランの作り方

まとめ

納品のサイズ制限については、以上になります。
僕は、仕入れの時に怪しい大きさの時にすぐに測れるようにメジャーを持ち歩きます。
100円で買えますし、かさばらないしなかなか便利ですよ!
それでは、失礼します。

→メルマガ登録はこちら

人生を変えるのは今!
僕と一緒に一歩を踏み出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)