せどりとは?~初心者にメリットとデメリットをわかりやすく解説~

こんにちは、とっしゅです。

今回はせどりとは?ということに関して書いていきます。

 

せどりというキーワードで検索をしていただいたということは

あなたもせどりに興味があるか僕のブログを観ていたらたまたま行き着いてしまった。

 

こんな感じかなと思います。

 

あなたがネットビジネスをまだしていないのなら

僕がオススメするせどりは本当にオススメですので

ぜひ最後まで読み勧めて貰えればと思います。

 

 

せどりとは?

せどりは

最も簡単に成果を出しやすいネットビジネス

といわれています。

 

具体的には古本屋中古のCDやDVDなどを安く買って

転売し利益を得る行為のことをいいます。

 

昔は目利きと言われる人たちが

幅広い商品知識、経験をもってやっていたので、

素人参入するにはかなり敷居が高かったとおもいます。

 

しかし今は

携帯やインターネットの普及によって

商品の知識がなくても、その場で携帯ツールで検索して、

手軽に相場金額や商品価値を知ることができるようになりました。

 

そのため、今現在はせどりの敷居はかなり低くなっています。

 

最近では

『Amazonマーケットプレイス』『yahooオークション』『メルカリ』

などのネットショップで個人が売買することができるので、

このシステムを使ってせどりをしている人が増えています。

 

個人のせどりだけで、

月収10万とか多い方だと月収100万とか稼ぐ方もいます。

 

僕自身もネットビジネスのスタートは

せどりからで今では毎月200万円は安定して利益として上がってきています。
もちろん、

人を雇って大きなビジネスにしていくことも可能ですし、

僕のように個人でしがらみなく稼いでいくこともできます。

 

せどりは

『安く買って高く売るという世の中の原理原則のような仕組み』

 

安い商品を見つけて高く売るだけですので

流れさえ掴めば誰でも成果をだすことは可能です。

 

 

僕自身も初心者の頃、

手探りの状態ながら初月から3万円の利益

を得ることができました。

 

正直、

まだ仕組みもわかっていない状態で

3万円の利益が出せたことに自分自身が驚きましたし、

せどりというビジネスの可能性をすごく感じました。

 

 

このまま、

トライ&エラーを繰り返していけば、

『会社の給料を超えるくらいならできる』

そんな手応えを初月から実感しました。

 

3か月後には月収10万円の利益を達成し、

生活がだいぶ楽になりテンションが上がったのを覚えています。

 

利益が出る商品だけを仕入れて販売するせどりは

ビジネスモデルとして非常に優秀です。

 

利益が出ない商品は

仕入れなければ赤字になることはありませんし、

Amazonという超巨大なプラットホームの中で販売ができているので、

集客力がなくてもアマゾンが集客をしてくれます。

 

それに、

現在はネットで商品を購入する人も増えてきています。

 

 

ご覧のように

オンラインで購入したことがある人のうちの

60%もの人が月に1回以上ネットで購入している。

 

ネットが普及してきていることを考えると

増えることはあれど減ることはないでしょう。

 

その中でもアマゾンは

広告にも力を入れているので欲しい商品を検索すると

アマゾンの商品が一番上に来ます。

 

時間を掛けてでも最安値を探す人以外は

一番上にある商品をそのまま購入します。

 

それがアマゾンが圧倒的に売れやすい理由です。

 

なのでせどりをやっている人は

赤字にならないように商品の仕入れ基準を決めておけば、

自然と成果を出していくことができます。

 

 

経験を積んでいくと

利益を出しやすくなりますし時には思わぬ高利益を出せることもあります。

 

 

例えばこちらの商品ですが、

数年前のモデルで店舗では早く売り切りたい商品です。

(古いモデルを売りきらないと新しいモデルを置けないから)

こういう商品が店舗だと在庫処分として安く売られています。

 

 

ものれーと

 

 

f

 

これはAmazonのモノレートという機能で見ていますが、

このようにすべての商品の『最安値』『出品者数』『ランキング』を表示してくれています。

 

 

簡単にいうとランキングの並を打っているところが売れたところです。

 

こちらの商品は3年ほど前に発売した商品で

市場にはほとんど残っていない商品です。

 

普通なら新型の方が安かったら新型が欲しくなりそうなものですが、

どうしてもその商品じゃないと嫌という『ファン』がいます。

 

そういう方は

最新型の方が安くても、欲しい商品が定価超えしていても

その商品を購入してくれます。

 

購入者の心境としては

『どうしてもその商品がいいから、

定価越えしててもその当時より新しい商品が出ていようと

気にいってる商品を買うわけです。』

 

ここに価格差が生まれるわけです。

これがせどりです。

 

このようなことが起こるのは
インターネットを使った転売が可能になった現代ならではと言えるでしょう。

せどりのメリット

 

せどりは非常に利益の出しやすいビジネスです。

例えば上記の商品は、税込5378円で仕入れて12900円で売れました。

手数料を引かれて手元に残るのは11000円くらいです。

11000円から仕入れ値(5378)を引くと

利益が5500円くらいでした。
利益率というのは、

利益÷売値で出すのが正確な利益率なので、

5500÷12900で0.42くらいです。

つまり利益率42%ということ。

 

僕がこれを見つけたのは、

子供とお菓子を買いにいくためにツルハという

ドラッグストアに行った時の入り口です。

 

しかも3つありました。

 

もちろんタイミングによりますが、

子供とお菓子を買いに行くついででも

(5500×3つ)16500円のお金を稼ぐことができる。

 

そんなビジネスです。

 

一般サラリーマンの方の日給くらいは

稼げているのではないでしょうか。

 

上記だけでも

せどりの知識があることで

デメリットは一切ありません。

 

僕自身は本業として行っていますが、

サラリーマンの方の副業としても

主婦の方のお小遣い稼ぎとしても

非常に優秀といえます。

 

『仕入れに行こう!』時でなくとも

知識さえつけばどんな状況でも稼ぐことができてしまう

これが僕の知る限りせどりの一番のメリットです。

 

僕もせどりを始めたころは

何かのついででお金を稼げることに

すごくワクワクしていました。

 

それにネット販売のメリットは

実店舗を持つ必要がないところ。

 

実店舗のビジネスだと家賃や人件費などが掛かります。

 

聞いた話ですが、

美容室は備品や経費や家賃などが掛かるので

利益率が5%程度にしかならないらしいです…。

 

利益率が5%しかないとしたら

お客さんが来なかったら赤字になるので

非常に怖いですよね。

 

それに比べせどりなら

僕のように誰も雇わずにビジネスとして

行っていくことができます。

 

家賃や人件費も掛からないので

精神的に怯えることもありません。

 

在庫はアマゾンの倉庫に

預かってもらうこともできるので。

 

 

せどりはリスクが低い

 

せどりはリスクが低いビジネスです。

 

初心者の方でもむちゃな仕入れさえしなければ、

Amazonには相場を知るツールもあるため赤字になりにくいです。

 

先程、ちらっとご紹介したモノレートは

過去にその商品が『どのくらいの値段』で『どれくらい売れたのか』

まで見ることができます。

 

なので、

モノレートを使い利益が出て売れそうな商品だけを仕入れられるためリスクはかなり低い

と言えます。

 

ちなみにモノレートの見方についてはこちらで解説していますので良かったら参照ください。

→モノレートの見方

 

せどりの入金の速さ

 

アマゾンを使ったせどりは

入金のペースも早いです。

 

yahooオークションやメルカリなどは

取引終わった時点で入金されます。
Amazonせどりも昔からやってる人なら

引き出したい時に引き出すことができます。

 

アカウントによって違いますが基本的には

2週間に1回の入金ペースです。

 

こちらは他のネットビジネス(アフィリエイトなど)と

比べても抜群に早いです。
アフィリエイトは通常2か月後に振り込まれます。

(8月稼いだお金が10月に振り込まれる)

 

売れ行きもよく

資金の回転もいいので

資金繰りに困らないのもせどりのメリットです。

 

せどりは特別な技術がなくても稼げる

 

アフィリエイトなどは

最低限のプログラミング技術(HTML)などを必要とします。

 

何よりも集客しないと売上になりません。

 

一個人が集客するのは

とてつもなく難しいことです。

 

それに比べせどりは

プラットフォームを借りているイメージ。

 

『Amazonやyahooオークション』

などのサービスを使って運営できるので、

特別な技術は必要としません。

 

もちろん最初は始めてのことなので

アマゾンの倉庫に商品を送ったりするのは

難しく感じるかもしれませんが

他のビジネスに比べたら遥かに簡単です。

 

必要なのは、

・売れる商品と売れない商品を見極める力

・利益が取れる商品を見つけていく技術だけです。

 

売れる商品と売れない商品を見極めるのは、

インターネットのツールを使えば最低限のことはわかります。

先ほど説明したモノレートですね。

 

モノレートの見方とか売れる商品の見つけ方などは、

せどりを実践されている方に教えてもらえば早く稼げるようになるのは間違いないです。

 

もちろん、自力で頑張るという選択肢ももちろんあります。

 

しかし、

早く稼ぎたい!

早く自由になりたい

など目標があるなら人に教えてもらった方が必ず早く成果は出ます。

 

初心者の方は情報が溢れている中どれを信用していいかわからず

結局やっては成果が出ずに他の方法を試してそれでも成果が出ずにまた違う手法を試す。

 

典型的なノウハウコレクターに陥る可能性が高いんです。

 

僕のコンサルメンバーは

初心者という状況から1〜2ヶ月程度で

月収10万円〜50万円稼いでいる方も大勢います。

→コンサル生実績

さらには仕入れ自体も覚えれば簡単で、僕が仕入れツアーを開催すると毎回こんな感じ。

→仕入れツアー

 

せどりは仕入れも簡単

 

仕入れは始めたばかりの頃は

利益の出る商品が全然見つかりませんでした。

 

仕入れはコツがいるので

そこは僕のバイヤークロニクルで学んで貰えればと思います。

 

※メルマガの1通目でプレゼントされます。

 

最初はなかなか難しく感じるかもしれませんが

『トライ&エラー』で実践していけば月利10万円程度なら誰でも達成できます。

 

 

早く結果を出したい場合は

『仕入れツアーなどを受けること』が一番効率がいいと思います。

 

一応ここにも各店舗の仕入れの見方を張っておきます。

→ブックオフの見方

→ドンキホーテの見方

→イオンの見方

 

このように

どこにでもある店舗で仕入れができてしまいます。

 

せどりのデメリット

 

どんなビジネスにもデメリットはあります。

そこをしっかり理解しておくことはすごく大事です。

 

デメリットを理解することによって、

リスクを減らすためにも他のビジネスにも挑戦してみるのもいいことです。

せどりのデメリット労働し続けなければならない

 

せどりは、

基本的には在庫の量に変動して売上が変わります。

 

つまり常に仕入れをし続ける必要があるということ。

 

これは、1つのデメリットですが解決策もあります。

 

それは、自分が信用の置ける人を雇うという選択です。

 

仕入れから納品までを任せてしまえば

自分に労力は掛かりません。

 

僕はスモールビジネスが最強だと思っているので

極力人は鋏みません。

 

僕は週に2日程度は仕入れの日にしています。

(せどりというより買い付け)

 

決まった店舗に週に2回程度

在庫を仕入れに行きます。

 

僕ほどになると、

仕入れから納品までも3〜5時間程度で終わるため、

帰りに温泉に寄っても17時には家につきます。笑

 

僕は自分の効率を究極に上げているので

こんな動きも可能です。

 

それで月商は1000〜2000万程度は行くので

効率としてはかなりいいです。

 

僕は新品しかやらないので出品が楽ですが

中古を実践される場合は出品作業くらいは人に任せるのもありです。

 

この出品作業を自動化させる方法は

こちらの記事に書いてありますので良かったら見てください。

→せどり出品作業を人にお願いする方法

 

 

 

せどりの在庫を置くスペースが必要

 

 

これはyahooオークションやメルカリの場合なのですが

基本的には売れるまで仕入れた商品は自宅で保管しなければなりません。

 

在庫を持たずに売れてから商品を買いに行くこともできますが

その商品が売れてしまった場合購入者様に迷惑がかかるのでオススメはしません。

 

Amazonせどりの場合は、

FBAというAmazonが商品を保管してくれて商品が売れたら発送もしてくれるという素晴らしいシステム

もあるので大きく稼いで行きたいという方は、

絶対Amazonせどりの方をオススメしてます。

 

FBAについてこちらの記事に詳しく書いているので

よかったら参照ください

→こちら

※FBAでもなんでも送れるわけではないのでそのあたりはご注意ください。

 

せどりに必要な道具の値段

 

せどりに必要な道具の値段ですが、

店舗ビジネスに比べたら圧倒的に初期費用は少ないです。
ただ、0円ではないので知っていただけたらと思います。

 

僕がおすすめしているAmazonせどりでかかる費用は

Amazon大口出品者契約料(月4900円)はAmazonせどりをする上では必ずいる出費です。

 

小口出品というのもあるのですがそちらだと毎月の基本料はかかりません。
しかし、1商品売れるごとに100円の費用がかかったり、

メーカー商品や出品に規制が掛かっている商品の解除ができないため、

僕は断然大口出品で契約することをオススメします。

 

アマゾンの登録の仕方については

こちらの記事で解説していますので良かったら参照くださいね。

→Amazonの登録方法

携帯電話

お店に行って商品を調べる必要があるため携帯の通信費は必ず必要です。
Amazonせどりの登録の時に電話番号も必要なため携帯電話は持っておく必要があります。

およそ月7000〜8000円です。

僕は最近ギガ放題というのをお勧めしていますね。

 

ギガ放題は通常の通信料にプラス1000円で

毎月20ギガまで使うことができるのでかなり重宝しています。

 

自宅に光を繋ぐことも作業を早くする上では必須と言えます。

 

クレジットカード

クレジットカードもAmazonの登録の時に必要です。

 

どうしてもクレジットカードを持てない方は、

ジャパンネット銀行などのVISAデビッドでも登録は可能です。

ジャパンネット銀行登録のリンクを

貼っておきますのでこちらから作ってみてください。
→こちら

 

そして、せどりで商品を仕入れるときにも

クレジットカードは絶対にあった方がいいです。

 

おすすめのクレジットカードについてはこちらを参照ください。

→おすすめのクレジットカード

 

 

またクレジットカードが作れない人も安心してください。

中には仕入れ専用カードというものも用意しています。

 

ただ、それは僕経由でないと作ることはできません。

そういう場合は、僕に直接ご連絡ください。

→メルマガ登録からご連絡をください

 

ヤフオクプレミアム会員費(月346円)

 

ヤフオクで出品するには

プレミアム会員になって月346円支払う必要があります。

Amazonせどりだけでいい方は必要ないですが、

ヤフオクの方が早く売れる商品などもあったりしますので登録して損はないです。

メルカリだと販売手数料くらいしかかかりません。

せどりで使う消耗品

Amazonせどりをする上でも

商品をAmazonの在庫を保管してくれるところに送る必要はあるわけです。

 
そのために、必要なものは、

・ダンボール
・ガムテープ1つ100円くらい。
・中古商品などを梱包するプチプチなど
・Amazonで商品を管理するためのラベルシール(30枚くらいで700円くらい。)

消耗品に関しては

オススメのやり方があるので

参考にしてください。

→消耗品はどうしてる?

 

せどりで必須ではないがあったら便利な道具

・有料ツール(月3000〜10000)

プライスターは4800円くらいだが、利益計算から自動的に値段変更もしてくれてあったらかなり便利です。

プライスターの使い方や登録についてはこちらで解説していますので参照ください。

→プライスター登録

・プリンター(コンビニでも対応可)

コンビニで対応するためにはプリントスマッシュというのを使うとコンビニでも印刷することができます。

まあ節約したい方はこの方法を使ってもいいですね。

→プリントスマッシュの使い方

・パソコン(携帯だけでもできるがあったら時間の短縮になります。)

パソコンはなくてもせどりはできます。

気になる方はこちらの記事を参照ください。

→パソコンなくてもせどりはできる

ただ、あれば仕入れが早くなることは確かです。

 

ぼくがせどりをオススメする理由

低い資金でも高資金でも効率がいい

 

せどりは先程から何度も言っているように

効率が非常にいいです。

 

少ない資金のうちは

中古などを仕入れることで月に10万円程度は稼げて

家計の副収入に役立ちますし、

 

資金が増えてくれば

僕のように月に10日程度の活動で

月商1000〜2000万という金額を売り上げることもできます。

 

ちなみに

月の利益額で200万を下回ることは

ここ最近はないです。

 

 

自分で稼ぐ力がつくので会社をいつ辞めてもいいというゆとりが生まれる

自分の力で考えて稼ぐ力をつけるというのは本当に大事な力です。

その力があれば会社が嫌なら辞められるし
好きなら副業のまま頑張ればいい。

そして、自分で稼ぐ力がつけば老後のお金を心配する必要もないのです。

普通のサラリーマンは、60歳とかで定年を迎え、
年金開始は65歳。今後ますます遅くなる可能性が高いです。

そうすると5年間は会社もない
年金もないという生活を強いられるわけです。

その間だけいまは、日給が5000円くらいのところで
朝から晩まで働いてるおじさんをよく見ます。

その日の生活費だけでもしんどい。

そんな人生楽しくないですよね?
お金の心配なんてしないで暮らしたいですよね?

だったら自分で稼ぐ力を手に入れるしかないのです!
せどりはそのための選択肢だと思ってください。

初心者はせどりはどこで仕入れすればいい?

 

では実際にせどりはどのような店舗で行うのでしょうか?

まずは僕がおすすめする店舗で仕入れを行ってみてください。

 

初心者がせどりをするときにおすすめ〜ブックオフ〜

ブックオフは初心者がせどりをする上で一番仕入れがしやすいお店です。

最初はゲーム機や家電などをみていくと利益が出る商品というのは

見つかりやすいです。

あとは値引きされているコーナーです!

最初は簡単なその辺からみていくといいです。

→ブックオフの見方

→ゲーム機の見方

 

初心者がせどりをするときにおすすめ〜ハードオフ〜

ハードオフもせどり初心者にはおすすめです。

なぜか?

中古は新品に比べて利益が出る商品が見つかりやすいんです。

新品って割引されていないと定価は同じです。

それに比べて中古は商品、商品によって状態も違うし

店舗が独自の値段をつけている場合もあります。

それがネットだと予想以上の高値で取引されているケースがあるんです。

そこに価格差は生まれていきます。

→ハードオフの見方

 

初心者がせどりをするときにおすすめ〜ヤマダ電機〜

ヤマダ電機は新品の中では比較的初心者でも利益が出る商品が見つけやすいお店です。

ワゴンセールだったり
展示品だったり
Eのマーク

などを中心にみてみると利益が出る商品が見つかってくるでしょう!

初心者がせどりをするときにおすすめ〜イオン〜

イオンも初心者の方におすすめの店舗です。

・ワゴンセール
・赤い値札

などを中心にみていってください

→イオンの見方

国内せどりとは?

ぼくはこのせどりと出会うことによって
人生を180°変えることができました。

年収200万円前後で奥さんもうつ病になり、
どん底だったぼくがせどりと出会いいまでは
すべての収入を合わせると月収100万円。

多い月には月収350万円を達成したことも。

元奥さんとも再婚し、完全に人生を逆転することができました。

とっしゅにできたのだからあなたにもできます

このように僕が実践しているのは、国内せどりと言われるものです。

→国内せどりに詳しくこちら

僕は実践していませんが、
輸入せどり

輸出せどり

なんて言うのも存在します。

簡単にどのようなものか説明します!

輸入せどりとは?

輸入せどりとは、

・中国などのアジア
・ヨーロッパ

などから、商品を安く大量に仕入れて

日本の

・楽天
・メルカリ
・Amazon

などで販売していく方法です。

輸入せどりについて詳しく知りたい方はこちら

⇨輸入せどりとは?

ここでは、大まかな輸入せどりとは、
どういったものなのか?
と言う事をお話ししていきます。

せどり中国輸入

中国から輸入して日本のAmazonで販売するのが一番オーソドックスですね!

中国輸入のメリット

中国輸入は、

他の商品と比べて非常に安く商品を作って頂けると言う事ですね。

日本ではありえないような価格で仕入れが出来るため値段で勝負が出来るんですね。

これは、かなりのメリットです。
だから安い仕入れ値で大きく稼ぐことができるんですね。

そして、
自分のオリジナル商品も販売出来るので
ライバルが少ないです!

そして同じ商品をリピートすれば稼げるので
作業が非常に楽です。

ここまで聞くと非常にいいように聞こえます。
ただしデメリットもあるんですね。

中国輸入のデメリット

では、中国輸入のデメリットも見ていきましょう。

中国輸入のデメリットは、

・送料が高い
・キャッシュフローが悪い
・検品が大変

と言う問題もあります。

見ていきましょう!

商品を外国から仕入れるため当然送料はかなり高くなります。

だからこそ、小さい商品で利益を出る商品を見つけて行くことが大事です。

例えば、

・ピアス
・ブレスレットなどですね。

そして、キャッシュフローが圧倒的に悪いです。
だからお金がない人が始めるには敷居が高いかなと思います。

商品を注文して。

作成して

発送

検品

出品

 

と言う流れです。

 

日本に届くのは
早くても2週間
遅ければ1か月近く掛かります。

これはなかなか辛いですね。

さらに、中国人は日本人と違って

休みは完全に休みます。笑

なので旧正月などは2週間くらい全く作業をしてくれないそうです。

そして、中国輸入の商品は新品でも
不良品が非常に多いです。

なので検品をしなくてはいけないんですね。

検品しないで送ると本当にお客さんからのクレームがすごいことになってしまいます。

この検品に非常に時間を取られてしまう事も中国輸入のデメリットですね。

しかも返品も基本的にはできません。

返品ができないというよりも厳密に言うと

返品の商品を中国に送り返すこと自体の方がお金がかかってしまうんですね。

だから返品があったとしても泣き寝入りになるケースが多いんですね。

Amazon輸出せどりとは?

Amazon輸出せどりとは、
日本だけに囚われず、
アメリカ、イギリス、カナダ

など20か国近くの国に販売が出来るんですね。

なのでAmazon輸出では、

これらの国すべてをプラットフォームとして使い

個人で販売が出来てしまいます。

すごく魅力的ですね!!

Amazon輸出せどりについて詳しく知りたい方はこちら。

⇨Amazon輸出せどりとは?

Amazon輸出せどりのメリット

Amazon輸出せどりのメリットは
何と言っても無在庫販売が出来ると言う事ですね!

仕組みとしては、

アメリカAmazonに商品を空出品する。

売れたら仕入れる

海外にゆうパックで配送

利益がでる。

と言う仕組みです。

なので売れてから仕入れるので在庫を抱える必要がない!
と言うのが最大のメリットですね。

Amazon輸出せどりのデメリット

Amazon輸出せどりのデメリットは、
価格改定を頻繁にしなくてはならない。

と言う事です。

価格改定を怠ると日本のAmazonの商品が高くなったりするとせっかく売れたのにマイナスになってしまったりもします。

それでキャンセルとかを繰り返すとAmazonからの評価も下がります。
キャンセルを繰り返すとアカウント閉鎖に追い込まれる可能性もあるので余りキャンセルはしない方がいいです!

対処法としては、利益が出なそうな値段になっているなら値段を上げると言う対応ですね!

Amazon輸出せどりについて詳しく知りたい方はこちらをクリックしてください。

⇨輸出せどりとは?

Amazonで販売する以上規約は絶対です。

一応僕なりに注意するべきことは書いてますので参考にしてください。

→Amazonのアカウントを守るためにしてはならないこと

せどりで稼いでいくためのマインド

せどりは自分で商品を購入しない限りは
永遠に利益は出てきません。

ある程度は投資する意識というのは必要です。

そしてマインド面も非常に重要です。

やるからには絶対に稼いでやるんだ!
という気持ちですね。

まあ稼げればラッキーくらいでやってる人とは
成長スピードが全然変わってきます。

せどりに必要なマインドについてはこちらの記事に書いていますので参照ください。

→せどりに必要なマインド

最後に

僕はせどり初心者が始めるには、
確実に国内せどりから始める事をオススメします。

やっぱり初心者にいきなり国外を挟むのはちょっとリスクが高いですよね。

せどりである程度出来るようになったら

輸入せどり
輸出せどり

とチャレンジして行くのも面白いと思います!

もしよろしかったら僕のメルマガに登録もされてください。
あなたの役に立つようなノウハウであったり初心者の方でも
始められるような最初のステップまで事細かく書いてあります。
僕のメルマガを読むことにより、
・自分で稼ぐ力というのが身につく。
・老後に対する不安が消えていく
・自分が稼ぎたい時に稼げるようになる。
・会社に支配される必要がなくなる。
という生活を手にしていくことも可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)