外注化に必須!Amazonユーザー権限を与える方法を徹底解説

こんにちは。とっしゅです。
いつも僕のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

さて今回は、

外注化に必須!Amazonユーザー権限を与える方法を徹底解説

というテーマでお話ししていきます。

Amazonユーザー権限とは?

基本的にAmazonは一人で1つのアカウントしか持てないですよね。

アカウントについて詳しく知りたい方はこちら。

→アカウントを二つ持つと削除されます。

では、出品代行などをしている人たちはどうしているのか?

実は、このAmazonユーザー権限というのを使っているんですね。

Amazonユーザー権限とは自分の出品用のアカウントにログインする権限を出品代行さんなどに与える権限を言います。

このAmazonユーザー権限を使えば

その代行さんは僕のところにログインしても
他の方のアカウントにログインしても
なんの問題もなくなるという仕組みです。

確かにこの仕組みがなかったら出品代行はできないですよね。

僕自身も外注さんがログインする時はこのAmazonユーザー権限というのを与えてからログインしてもらっています。

大事なアカウントにむやみやたらに外注さんを入れるのは大変危険です。

もしその外注さんが僕のところをやめて他の方のAmazonの出品をしたら二人とも閉鎖になってしまうんですね。

その心配もこのAmazonユーザー権限を使えばなんの問題もありません。

Amazonユーザー権限を与える方法

では、実際にこの権限を外注さんに与える方法を解説していきます。

この場合僕と外注さん両方にやることがありますので僕と外注さんに例えてお話しします。

1、僕がやること

まずは、本当の出品者のやることです。

セラーセントラルのトップページに入っていただきます。
そして、設定の中のユーザー権限をクリックします。

そうするとこのような画面になります。

この画面の上の方にセラーセントラルの新規追加とありますね。

そこに新規ユーザーのEメールアドレスとありますのでここに外注さんのEメールアドレスを入れましょう。

そして招待メールを送信を押します!を押します。

2、外注さんのやること

まず、招待メールが送られてきていると思うのでメールをみてください。
メールの中にURLがあると思うのでそちらをクリックしてください。

するとこのような画面。

ここに外注さんのメルアドを入れてください。
そして、既存のAmazonのパスワードを持っていますか?
いいえ。パスワードを持っていません。

を選択していただきます。

そしてサインインを押していただく。

するとこのような画面になります。

ここに外注さんの名前。
メルアド
パスワード
画像に表示されている文字を入れてください。

それが終わりアカウントを作成するを押すと

このような確認コードをもらいます。
これを正規のアカウント登録者(この場合は僕)の方に教えてください。

3、僕のやること

外注さんに教えてもらった確認コードを

この画面に入力していただけたら、外注さんもログインすることができるようになります。

これだけです。

これを済ませておけば外注さんに出品作業をしてもらっても何の問題もありません。

そして、仮に外注さんがやめたらユーザー権限をまた削除すればいいだけです。

本当に簡単だし、安全です。

最後に

はい、今回は

外注化に必須!Amazonユーザー権限を与える方法を徹底解説

というテーマでお話ししましたが理解することはできたでしょうか?

もしよろしかったら僕のメルマガに登録もされてください。

あなたの役に立つようなノウハウであったり初心者の方でも
始められるような最初のステップまで事細かく書いてあります。

→メルマガ登録はこちら

僕のメルマガを読むことにより、

・自分で稼ぐ力というのが身につく。
・老後に対する不安が消えていく
・自分が稼ぎたい時に稼げるようになる。
・会社に支配される必要がなくなる。

という生活を手にしていくことも可能になります。

2 件のコメント

  • たろー より:

    最近の新規アカウントからユーザー権限の項目が消されてますが、何かご存じないですか?

    • tosshu より:

      コメントありがとうございます。

      ユーザー権限が無くなるとはちょっと考えにくいですね。
      何かしら名前だけが変わっているだけではないでしょうか?

      ちょっと僕のアカウントでは確認できないのですが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)