サラリーマンの副業が会社にばれない方法

こんにちわ、とっしゅです。

いつも僕の動画をご覧いただき本当にありがとうございます。

今回は、サラリーマンの副業が会社にばれない方法について書いていきます。

副業をしているのは知られてもいいものの、住民税の額などからいくら稼いでいるのかは知られたくないって人もいると思います。

また、副業の種類は知られたくないって人もいるみたいです。

副業しているにも関わらず確定申告をしていない人に対してはたとえ、サラリーマンでも税務調査が入る可能性がありますの。

さらに、2016年からマイナンバー制度が始まりました。

マイナンバー制度とは、国民一人一人に番号が割り当てることで、税負担や社会保障の公平化、行政サービスの効率化を目指す制度です。

これにより、誰がどのくらい収入を得ているかすぐにわかってしまうので、必ず確定申告するようにしましょう。

 

まずなぜ、確定申告すると会社に副業がばれるかと言いますと、給料以外に得た収入に対する住民税の課税金額が会社に通知されるためです。

この対策としまして、

確定申告時に使用する確定申告書の用紙の2枚目にある

「住民税、事業税に関する事項」という欄の中に

住民税の徴収方法選択という項目があり、

『給料から天引き」と「自分で納付」を

選ぶことができます。

「自分で納付」にチェックを入れると

会社には副業の収入に対する住民税の通知は行かなくなります。

その代わり自分で市町村に住民税を支払うことになるので忘れずにしましょう。

ぼくはちなみに副業ではないのですが、

ネットビジネスをやっています。

その中でもせどりをおすすめしています。

せどりでしたら、再現性も高く稼げる可能性も高いのでぜひぜひやりましょう。

メルマガの方に登録していただけたら、ぼくのノウハウをプレゼントしますので、

それを見てやっていきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)