24時間テレビ2016年スペシャルドラマ 高畑の代役は小山に決定!

こんにちわ!とっしゅです。
いつも僕のブログや動画をご覧いただき本当にありがとうございます。

さて今回は、2016年24時間テレビスペシャルドラマ 高畑の代役は小山に決定!
ということを記事の中で解説してきます。

24時間テレビについて

24時間テレビは、1978年の8月26から27日にかけて行われたのが最初です。
2016年現在今年で、39回目を迎えることになりました。

それもそのはず、僕が物心ついたころにはすでにやってたなぁという記憶があります。
こんなに、長く続いてるのはすごいことだと思います。

2016年の司会者は

そんな長者番組の今回の司会者は、NEWSの4人がやる事になりました。
現在のNEWSにメンバーは、小山慶一朗、増田貴久、加藤シゲアキ、手越祐也の4人になります。
NEWSが司会をするのは、、2009年以来7年ぶり2度目の司会です。

リーダーの小山さんは、スペシャルドラマ(盲目のよしのり先生~光を失って心が見えた~)にも出演予定です。
ドラマは27日の夜9時頃から始まりますのでお見逃しなく!

i

実は小山くんは、高畑の代役⁈

実は小山くんは、最初からドラマに出演する予定ではありませんでした。
小山くんは、実社会で最近逮捕された、高畑さんの代わりに出演すると言う流れでした。

高畑さんは、ホテルの従業員に淫らな行為をして逮捕されましたね。性欲が溜まってるからって人に迷惑掛けることをする時点でかなり頭がおかしいですよね。
僕なんかは、風俗に行けばよかったのに!と思っちゃいます。風俗行っても性欲は解消されても逮捕はされないですからね笑。

まあ、でも他の人に迷惑を掛けると分かっててやった高畑さんはホントにどうしようもないですね。

代役の小山くんには頑張ってもらいたいですね!

盲目のよしのり先生

あらすじを読みましたが、国語教師を目指して見事その夢を叶えた主人公は、生徒たちに全力で向かっていく熱血教師。そんな中、音楽教師をしていた奥さんとお互いを認め合い、理解しあい結婚し、三人の子宝にも恵まれ、このまま幸せな生活がずっと続くと思っていた、主人公。
そんな主人公を突然病魔が襲い、両目の視力を網膜剥離で失ってしまう。
ただそんな絶望的な状況でも、奥さん、父親、同僚、教え子の支えで徐々に立ち直っていくというお話。

絶対泣いちゃいますよね。(笑)

ドラマから考える自分が失明してしまったら、、、

今回のドラマの内容でもありますが、結婚して子供にも恵まれ幸せな生活をしている時に突然失明とかなったらどうですか?
人は自分の身に起きるまでは、自分だけはならないと意味のわからない確信みたいなものってありますよね笑。

ただ言えるのは正直誰に起きてもおかしくはないんです。交通事故に遭うリスク、失明するリスク、病気になるリスクは、誰しもが0ではないです。

そんな状況になった時に残された家族をあなたは守ってあげられますか?
人の働き方の、種類って大きく分けるとこの3種類なんですよね。

・サラリーマンをしている方
・自営業をしている方
・人や物に働いてもらっている方

まず、それぞれの状況から金銭的に家族を守れるを検証していきます。

サラリーマンの方

世間で1番多いのは、旦那さんがサラリーマン奥さんがパート子供がいるみたいなパターンですよね。

こういう場合旦那さんが、失明や病気になった時、もしそういうのに適した保険に入っていれば別ですがなかなか病気になる前に、お金払って保険に入るのは難しいです。

こんな状況になったら一家の経済状況は毎月赤字になってしまうでしょう。奥さんのパート代が家族の収入になってしまいますからね。
例え、頑張って1千万の貯金してたとしても10年はもたないです。子供がもし生まれたばかりならその後の18年は養う必要あるので、子供にもかなり無理をさせてしまいますよね。

自営業者の場合

自営業者の場合は、奥さんは会社の手伝いを少しはしてて、夫婦で会社をやっているみたいなパターンが多いですよね。(一応子供ありの設定で)

自営業は、自分の都合で比較的動けるので順調に行ってる時は、かなりいい生活もできるし、時間もコントロールできます。
しかし、もし旦那さんが失明、病気になった時は奥さんがすべてを把握しているなら別ですが、そうでないならすぐに倒産に追い込まれるでしょう。

そして、借金だけが残ってしまうと言う人生にもなりかねません。
だから、僕は奥さんと一緒に仕事してるなら一刻も早く奥さんにも仕事を把握してもらうべきだと思います。

基本的に自分が居なくても仕事が回るようにしておく(システムを作る)ことこそが、収入額よりよっぽど重要なんですよね。

そしたら、自分が病気なろうが、亡くなろうが家族は普通に暮らせるわけです!

人や物に働いてもらっている方の場合

ちなみにこの人や物に働いてもらっている方と言うのは、経営者か投資家の方です。
この人たちって言うのは自分が亡くなろうが病気なろうが家族に迷惑は基本的にかかりません。
会社を経営している人って言うのは、だいたい従業員に働いてもらって自分は人と会ったり、社長室でゆっくりしているイメージですよね笑。

ただ、社長はそれがいんです!
すでにシステムがあるなら社長がわざわざ誰でもできる仕事をする必要がないからです。

まとめ

以上の事から本当の意味で家族を守れる人間になるには、会社を経営してシステムを作る事なんです。

ただ、会社を経営するって言うのは何から手をつけていいかも分からず具体性がないですね。

そこで、僕がちゃんと道筋を記して行きます。
こうすればあなたもいずれお金にも縛られない生活ができるように。

まず、僕があなたにやってもらいたいのは、ネットビジネスです。
その中で僕が最も再現性が高いと確信しているのが、Amazonせどりです。
Amazonせどりは、Amazonの相場を調べられるアプリがあるので、あとは価格差のある商品を見つけるだけです。

僕の指導を受けて3か月頑張れば月10万くらいは稼げるようになります。
その後も僕の指導通りに頑張ってくれればせどりだけでも50万くらい、稼いで生活できるようにはなります。

ただ、生活をできる事が、ゴールではありません。
せどりは、いくらでもシステム化ができます。

そして、僕はせどりをシステム化させた先にするべき事も教えられます。

まずは、せどりを覚えて、せどりをシステム化して、家族を本当の意味で守れる人生にしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)